東京弁護士会 河合安喜法律事務所 借金問題,自己破産,過払い金請求,債務整理,任意整理,個人再生,離婚問題,養育費,慰謝料等の法律相談,弁護士 河合安喜

特定調停とは

特定調停とは
定調停(とくていちょうてい)とは、あなたの代わりに
調停委員が債権者との間の仲介となり、話し合いを進めて
借金を減らす手続きで、裁判所を介した任意整理のような
ものです。
ただし、任意整理と違って裁判所に出向く必要があります。
他方、裁判所を介しているため、債権者の協力を得やすい
というメリットもあります。

特定調停の手続の流れ

(1)簡易裁判所に申し立て
   この時点で債権者からの取立てはできなくなります。
(2)
裁判所から調停委員を指定
   調停委員は弁護士、有識者が選ばれることが多いようです。
(3)当事者間で協議
   申立人は自身で何度か裁判所に足を運ぶ必要があります。
(4)調停成立
   裁判所が調停調書を作成します。
(5)返済開始
   調停調書に従って、3~5年計画で返済していきます

 

特定調停のメリット・デメリット

→特定調停のメリット
   特定調停の申立を行えば、取立が止まる。
   借金の総額と月々の返済額が少なくなる。
   管轄地が違う債権者が多数あっても一括での申立ができる。
   自分で債権者と交渉するのでなく、調停委員が仲介となり、話合を進めてくれる。
   借金の理由がギャンブル等であっても利用できる。
   給料差押などの強制執行を無担保で停止できる。
   一部の借金だけでも整理ができる。

→特定調停のデメリット
   いずれかの債権者の所在地を管轄する裁判所に出向く必要がある。
   成立した調停調書は債務名義となるので、支払を怠ると強制執行される。
   残元本以下の金額への減額や過払金の返還は見込めない。
   ブラックリストに載ってしまい、数年間は、新たな借金をしたりクレジットカードを
   作ることができない。


借金問題4つの解決方法

任意整理とは

過払い金とは

自己破産とは

個人再生とは

その他の解決法

 

特定調停とは




まずは下記からご相談ください。

離婚法律相談は03-3639-2381へ!
当センターの解決方法はこちらから!
河合安喜法律事務所 トップページへ